一般社団法人 日本鉄道電気技術協会

ログイン

※会員相互のQ&Aコーナーへの投稿は、ユーザー登録が必要です。
ユーザー名:
パスワード:
新規登録 パスワード紛失
トップ  >  事故調査報告書20160427

運輸安全委員会調査報告一覧【平成28年4月28日(木)公表】

【鉄道事故:2件】
番号

事業者、事故種類、
発生日時・場所 

事故概要  原   因 
1 


○東日本旅客旅鉄道株式会社
○列車脱線事故
○H27.1.24(土)19時31分ごろ
○長野県千曲市
篠ノ井線 桑ノ原信号場〜稲荷山駅間(単線)




 


 上諏訪駅発長野駅行き3両編成の普通列車の運転士は、篠ノ井線桑ノ原信号場〜稲荷山駅間を速度約61km/hで走行中、列車前方の線路内に停止していた軽貨物自動車を認めた。直ちに非常ブレーキを使用したが間に合わず、列車は同軽貨物自動車と衝突し、1両目の前台車全2軸が脱線した。
 この事故により、軽貨物自動車の運転者が負傷した。
 
 
 
 


 本事故は、軽貨物自動車が線路内に停止していたため、非常ブレーキを掛けたが間に合わず列車が自動車と衝突し、その後自動車を押しながら城山トンネル内まで走行した結果、同トンネル坑口付近で自動車が列車とトンネル内壁との間に挟まれたことにより、列車が左向きの力を受けてレールの左側へ脱線したものと考えられる。
 同自動車は、谷川踏切から線路内に進入して事故地点まで走行したと考えられるが、線路内に進入した経緯等について、自動車の運転者から明確な口述を得られなかったため、谷川踏切から進入し、約786mにわたって線路内を走行し続けた経緯等については、詳細を明らかにすることはできなかった。
 
 
 
 


○富山地方鉄道鉄道株式会社
○踏切障害事故
○H27.6.19(金)19時58分ごろ
○富山県中新川郡立山町
立山線 稚子塚駅〜田添駅間(単線)
北浦踏切道(第4種踏切道:遮断機及び警報機なし)



 


 電鉄富山駅発(寺田駅経由)岩峅寺駅行き2両編成の普通列車が、稚子塚駅〜田添駅間を速度約60km/hで走行中、同列車の運転士は、北浦踏切道(第4種踏切道)を通行している歩行者を認め、非常ブレーキを使用したが、列車は同歩行者と衝突した。
 この事故により、歩行者1名が死亡した。
 
 
 
 


 本事故は、列車が第4種踏切である北浦踏切を通過する際、歩行者が踏切に進入したため、列車の前面中央下部と衝突したことにより発生したものと考えられる。
 列車が北浦踏切に接近している状況で、歩行者が通行しようとしたことについては、列車の接近に気付いていなかった可能性が考えられるが、歩行者が死亡したため詳細を明らかにすることはできなかった。
 
 
 
 
 
 

参考資料(JR東日本 篠ノ井線)

 

参考資料(富山 立山線)

プリンタ用画面
前
事故調査報告書20160331
カテゴリートップ
鉄道電気技術資料ライブラリ
次
事故調査報告書20160630